Rintaro Hara | Works

上昇と下降

上昇と下降
上昇と下降
上昇と下降
上昇と下降
上昇と下降
  • 上昇と下降
  • 材料:スチロールボール、テグス、モーター、木材
  • 制作年:2022
  • 会場:あまらぶアートラボ/兵庫

直径75mmの発砲スチロールのボールが、アートスペースのエントランス天井付近に張り巡らされたテグスのレール上をゆっくりなスピードで駆け巡る。リフトで天井まで上昇したボールは、壁へ向かって直線で進むと進行方向を変え、緩やかな傾斜を保ちながら下降していく。観賞者は転がるボールの軌跡を追うことで、あたかもボールが浮遊しているように感じたり、重力に逆らって上昇しているような感覚に陥るかもしれない。壁一面の工場風景の写真は写真家小林哲郎によるもので、偶発的なコラボレーション作品にもなっている。Photo:小林哲郎

ページのトップに戻る