Yu Hara | Exhibitions

粒子的ライフ航法

粒子的ライフ航法
粒子的ライフ航法
粒子的ライフ航法
粒子的ライフ航法
粒子的ライフ航法
粒子的ライフ航法
粒子的ライフ航法
粒子的ライフ航法
粒子的ライフ航法
粒子的ライフ航法
粒子的ライフ航法
粒子的ライフ航法
粒子的ライフ航法
粒子的ライフ航法
  • 展覧会:原游「粒子的ライフ航法」
  • 開催期間:2018年11月29日~12月5日
  • 会場:渋谷東急本店美術画廊/東京

どのように生活を乗り切っていくか。 身体、環境を粒子的(小さなものの集まり)に考える。 その粒子が分裂し、回転し、結びつき、動いている。 身体の内と外の動きの流れを合わせること。 絵の中の子供たちは、自分を構成している物を使って外に働きかける。 ライトで夜を照らし、コップの水を流して波を作ってサーフィンしたり ボールの水に空の月を映して身体の中に取り込む。 ペンで翼を描いて天使になったり。 以前の子供たちよりもずっと能動的だ。 自分で流れを作って進んでいる。 ヒトは、「月を見るもの」(「2001 年宇宙の旅」アーサー・C・クラーク)、 そして道具を使うものだ。 月を見て自然を取り込み、自分の中のライトを照らす。 様々なもののイメージや流れ出る水の中もオールで舵を取って進んでいく。

ページのトップに戻る