Yu Hara | Exhibitions

rain barrel

rain barrel
rain barrel
rain barrel
rain barrel
rain barrel
rain barrel
rain barrel
rain barrel
rain barrel
rain barrel
rain barrel
rain barrel
rain barrel
rain barrel
rain barrel
rain barrel
rain barrel photo: Kenichi Aikawa
  • 展覧会:原游 "rain barrel"
  • 開催期間:2010年8月20日〜2012年9月18日
  • 会場:LA GALERIE DES NAKAMURA/ 東京

アメリカ北西部では、レイン・バレル(雨樽)を外に出しておいて雨水をため、 庭に散布したり、髪を洗ったりするのに使ったりすると本で読んだ。
空から様々なものを映し出しながら落下してきた水の粒がレイン・バレルの中にたまっていく。
「私」とレイン・バレルは似ているように思う。
俯瞰して見ると、世界は様々な意味を持つレイヤーが重なったり離れたりを繰り返す状態にある。
水素と酸素が結びついて水になったり、様々なものが重なり合って地層が作られる。
近づいてみると「私」もまた、過去に見たり聞いたりしたことと、現在「私」を取り巻く風景が重なり合い、何かを思い、忘れる。
私たちはたえず何かを見て何かを思い、聞いて何かを思い出しという繰り返しによって「私」というものがあるように感じている。
絵の中には、数々のイメージが散らばっていて、一瞬、集まって、子供の形を描くが、散逸する。
そして、その形作られた子供を、より遠くから見てみると、それは小さな固定したかのようにみえる子供のイメージとなり、 もっと大きな別の形のものの1パーツになっているかもしれない。
世界の中に私がいると同時に、「私」の中に世界がいると感じられる。
過去に見たり聞いたりしたものと、現在「私」を取り巻く風景が 何重にも映し出され、また消え、映し出されと繰り返される心象が「私」であるならば、 「私」の中には色々なものを映し出す泉があると考えてみる。その泉は過去も現在も映し出すことができる。
「私」の中に泉があるのであれば、外のものの中にも泉はある。
「私」と何かが向き合ったときに、つまり泉と泉が向き合い、互いに写し合うことになり、揺らぎをともないながら無限に反射を続けることになる。
そのような状態が私にとっての常であるとするならば、そのなかで何かを求めようとすることは、屈折し、反射を繰り返す像の後を追って、 一緒に螺旋を描きながらくるくると回り続けるようなものである。

ページのトップに戻る