Yu Hara | Exihbitions

子供たちは音楽のもの

子供たちは音楽のもの
子供たちは音楽のもの
子供たちは音楽のもの
子供たちは音楽のもの
子供たちは音楽のもの
子供たちは音楽のもの
子供たちは音楽のもの
子供たちは音楽のもの
子供たちは音楽のもの
子供たちは音楽のもの
子供たちは音楽のもの
子供たちは音楽のもの
子供たちは音楽のもの
  • 展覧会:子供たちは音楽のもの
  • 開催期間:2012年4月12日〜6月9日
  • 会場:NODA CONTEMPORARY/愛知

はじめに音がある。
とても小さい素粒子が振動しているならばすべてのものは皆踊っている。
ふと見ると、机の上のコップやお皿の配置からリズムを感じる。
足音や瞬き、毛並みや模様からもリズムを感じる。
海の色の変化にも音楽がある。
何一つ同じものがないのは、持っている音が違うからかもしれない。
時には同じ音が伝わり、同じリズムを踊ることもあるだろう。
絵の中に描かれるものとリズムは同時にできる。
ゆっくりと音が見えてくることもあるし、一瞬で人の形とリズムができることもある。
人やものを描いているのではなくて、それぞれの音を描いているのだろう。

ページのトップに戻る